既卒者対象の就職支援「フレッシュキャリア社員制度」とは?

相変わらず厳しいと言われている新卒者の就職事情ですが、就職先が決まらないまま学校を卒業せざるを得なかった、いわゆる「既卒者」の場合、その定義があいまいなことも影響してか、就職することがさらに難しくなっています。
既卒者の場合、ネックとなるのが「職歴の無さ」です。既卒者とは卒業後、一度も正社員として働いたことが無い人を指しますが、その多くはアルバイトなどで働いた経験は持っているはずです。しかし、アルバイトでいくら経験を積んでも、日本の社会ではそれを職歴として見做しては貰えないのです。

 

そのため、職歴を持たない既卒者は、就職活動においてかなり不利な立場へと追いやられています。特に卒業後の期間が長い人ほど、就職活動において不利になる傾向が強いようです。
幅広く人材ビジネスを展開しているパソナでは、そうした不利な立場にある既卒者の就職支援として「パソナフレッシュキャリア社員制度」を提供しています。このサービスでは就職活動の空白期間を作らないために選考と研修を行い、契約社員としてパソナに入社させ、実務経験を積ませることを目的としています。
これにより、契約社員として働いたという職歴を得ることだけでなく、派遣先の企業で契約社員から正社員への直接雇用も期待できるようになります。もちろん、既卒者本人の意識も変化し、自分に自信が持てるようになるでしょう。
既卒者というだけで就職活動が上手くいかないと考えている人も多いでしょうが、現状では最初から正社員を目指すのは難しいと言えます。パソナのフレッシュキャリア社員制度のように、契約社員として実務経験を積んでから正社員を目指したり、職歴を持って転職する方向で考えてみれば、就職の可能性も広がるに違いありません。
既卒の就職におすすめの求人サイト情報はhttp://xn--1kr69rvmi1v1a.biz/で記載されています。