大学中退者が大卒枠の求人に応募するケース

求人情報で仕事を探していると、応募資格の欄に大学卒業と書いてあることがあります。
これは、最低の応募資格が大学を卒業していることという意味なのですが、なかには大学中退で応募する人もいるようです。

 

こうしたケースの多くの場合は、すでに就職して社会経験を積んでおり、何か自信をもってアピールできる特技やスキルを持っていることが多いようです。
そのことを履歴書や職務経歴書に書き加えることで、採用側は一応面接をしてみようかと言う気が起きることもあるようです。

 

また、採用側がその熱意や意欲、度胸を買って、採用に至るこということも少なくないようです。

 

求人を出す採用側の企業は、目安として大学卒業という学歴でガイドラインをつくるものの、ただ学歴があるだけで、熱意や意欲が少なく見えたり、咲いて源のビジネスマナーも無い人よりは、学歴が大学中退であったとしても社会経験を持っていて、即戦力となる人のほうがずっと会社の利益になると考えるのです。

 

ただし、現在のように就職事情が厳しい時代は、一人に求人に対して数十もの応募があることは珍しくは在りませんので、採用までの手間や時間を省くために、書類審査でふるいにかけられることは覚悟したほうがよいでしょう。

 

強い希望や熱意を見せたいのであれば、採用担当者が履歴書や職務経歴書を一目見ただけで驚くような仕掛けやアイデアをもりこませなければなりません。
しかし、それは一歩間違えると、変人とか、ただの目立ちたがりやだと受け取られる可能性も大ですので、注意が必要です。
大学中退者の就職情報なら「大学中退就職ナビ」が参考になります。