転職のトラップ

 転職するということは、以前の会社の待遇に不満があったのだとまず認識して下さい。そして転職で重要なのは、最初にどのクラスの会社に入社し3年以上所属していたか、と思います。これは、今後の転職先の選択範囲が決まってしまうからです。現在36歳の私でも、未だにこのことに縛られていると感じます。

 

[関連記事]
36歳の転職
xn--36-3b1eq28ejpq.com
情報を集め、戦略的に36歳での転職を進めていくなら、まずご覧ください。

 

 先に述べた最初の勤務先の件は、ここでのあなたの将来を左右します。私の経験上、まず転職先での面接の際に「転職の希望は以前の会社に何かご不満が?」といった質問を必ずされます。ここでこの質問にマイナスな回答はお勧めできません。採用側のあなたに対しての雇用条件が下がってしまう場合があるからです。給与や諸手当、最悪業務内容まで査定されてしまうと思って下さい。

 

 また3年以上所属の件は、業務待遇の向上に使えます。私の場合は、この質問によく以前の会社の福利厚生が素晴らしかったことを強調して回答します。このことにより、以前の会社とは円満退社であったことがアピールできて採用側も採用した後も福利厚生の分野の改善に努める努力するでしょう。また以前の会社からクラスが下がる転職先で福利厚生が改善できない場合、給与や諸手当に跳ね返ってくる場合があります。採用側に心理的なプレッシャーが生まれるのでしょうか。転職の面接であなたの将来が向上するかもしれません。頑張って下さい。