諦めないで!中高年が好まれる就職先と就職先の見つけ方!

 

中高年からの就職。選ばれる人材とは?

中高年と言いますと正社員歴も長く、その会社にいなければならない存在のようなイメージがあったりしますよね。
しかしながら今の日本は不景気で、中高年と言えどもいきなり会社から解雇されてしまう時代になってしまいました。
ここで、いきなり解雇された場合、次の就職先はどうすればいいのでしょうか?中高年では年齢的に若者と比べると就職が不利です。
中途採用というのは即戦力ということがほとんどの企業で大前提となってくるので、前職の経験を活かせる就職先を探すのが大前提です。
履歴書、職務経歴書を作成しながら今、自分の持っている能力、資格を見直してどこの企業にマッチするかを選定しましょう。
例えばIT企業ならばプログラミングの資格を持っている人や、見せることが出来る自分が携わったプロジェクト。こういったものを面接に持ち込めば
企業側は選定しやすくなりますし、プレゼンできる人間なんだと評価してくれます。

 

中高年が好まれる就職先とは?

中高年ですと管理職になっている人達も多いと思います。逆に雑用なんかは若者の役目というイメージが強いですよね。
就職するには言わずとも、年齢が若い方が有利です。では、中高年が就職するにはどうすればいいのでしょうか。
中高年の方が次の就職先への視野に入れているのは「IT企業」であったりや「営業職」等が多いようです。
IT企業は今、急速にパソコンやスマートフォンが普及してきて将来性があるし、独立もしやすいということで選ばれてるようで、
営業職は年齢を問わず、やる気さえあれば面接までたどり着き、就職しやすいからだそうです。

 

参考元

中高年の再就職で大切な考え方
http://xn--u9j580gdkcl5owwcz67equzb.biz/

 

就職したい会社の見つけ方 - 就職サイトの活用。

さて、いざ仕事を探そうと思っても中々、どうすればいいか分かりませんよね。手短なところから始めるにはまずハローワークでしょう。
雇用保険に入っていて失業保険がもらえる可能性もありますからまずはハローワークに行くことをお勧めします。
そしてそれ以外にも就職サイトを活用することが大事です。就職サイトはパソコンか携帯さえあれば誰でも簡単に閲覧できて、
ハローワークでは取り扱っていない求人がありますし、会員登録して自分の経歴を登録しておけば企業側からオファーが来ることもあります。
それにあらかじめ自分の理想とする企業を登録しておけばそういった企業が人材を募集した際に知らせてもくれます。
かなりの時間を短縮することができるので、就職サイトを見るだけでなく、会員登録しておくことをお勧めします。